小島観光

先日当館の北に位置する、【小島】に行く機会があったので、
その時の様子を写真と一緒に紹介致します。

波止浜港から途中馬島に寄り、小島港まで10分程で到着。

小島観光

片道190円。

小島には1,8Kmの遊歩道があり、今回歩いたのは中部。
道幅は1m程しかありません。

小島港から約10分、発電所跡がありました。

小島観光

ここから椿道を抜け、約20分程度である
砲座跡と地下兵舎跡に行きました。

明治の緊迫した時代の雰囲気を味わう事ができます。

そこから石段を登り、展望台に上りました。

小島観光

来島海峡の島々を一望することが出来ます。

残念ながら、今回は時期ではなったのですが、
小島には1,000本以上の桜と、2,500本の椿が植えられており
3~4月には満開を迎えます。

皆様も機会があればぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

梅雨入り

平年より早く、梅雨入りとなりました。
最近はジメジメとした天気が続きますね。

当館自慢の瀬戸内海の眺めも、霧で霞んでしまう事が多いです。
しかし、時より霧からみせる来島海峡大橋や
一気に霧が晴れた時の眺めは、普段とは一味違う趣があり、
何とも言葉では表現しきれません。

雨の中、なかなか出かける気分にはならないかもしれませんが
ぜひ梅雨時期の眺めを堪能しに、足を運んでみて下さい。

 

厨房日記   えびチャン

厨房日記   えびチャン

今回は海老の紹介をさせて頂きます。
海老といっても大変種類が多いのですが、この地方で海老と言えば、
「ヨリ海老」正式名称は、サルエビだと思いますが・・・地元では白エビ・ダイビーなどいろいろな呼び名があります。
この海老は5月~12月頃よく取れ、焼いてよし、塩茹でにしてもよし、でもなんといってもお勧めは踊りですね。
活きたままのエビを、自ら頭と皮をむいで食べるという、なんとも残酷な食べかたです。(女性の方はよく、無理ーって言われます)
なんでこんな残酷なことを~とよく言われますが、この食べ方がたまらなく旨いんです。!
みなさんもチャレンジしてみて下さい。